試合終了

野球伝来150年プロアマ記念試合
「U-23 NPB選抜 対 大学・社会人選抜」

U-23 NPB選抜 vs 大学・社会人選抜

2022年8月1日(月)試合開始 18時04分 神 宮
試合時間 3時間5分 入場者 12,551人
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
大学・社会人選抜 0 1 0 0 0 0 0 5 0 6 9 2
U-23 NPB選抜 1 2 2 0 0 2 1 0 x 8 13 0
達 孝太

勝利投手達 孝太

右投右打

北海道日本ハム

中川 虎大

セーブ中川 虎大

右投右打

横浜DeNA

青山 美夏人

敗戦投手青山 美夏人

右投右打

亜細亜大

バッテリー

大学・社会人選抜
青山 美夏人、 佐藤 廉、 工藤 稜太、 権田 琉成、 矢澤 宏太、 橋本 達弥 ‐ 丸山 竜治、 進藤 勇也、 城野 達哉
U-23 NPB選抜
根尾 昂、 達 孝太、 森木 大智、 スチュワート・ジュニア、 木下 幹也、 藤井 黎來、 小峯 新陸、 鈴木 裕太、 中川 虎大 ‐ 中村 奨成、 福永 奨、 益子 京右

本塁打

大学・社会人選抜
U-23 NPB選抜
赤羽 由紘 (6回2ラン 権田 琉成)

最新オーダー

大学・社会人選抜
1
蛭間 拓哉
2
城野 達哉
3
泉口 友汰
4
橋本 達弥
5
中村 迅
6
中山 遥斗
7
矢澤 宏太
8
小川 晃太朗
9
寳田 和也
 
権田 琉成
U-23 NPB選抜
1
藤原 恭大
2
ブライト 健太
3
益子 京右
4
清宮 幸太郎
5
DH
安田 尚憲
6
黒川 史陽
7
正木 智也
8
長谷川 信哉
9
赤羽 由紘
 
中川 虎大

ハイライト

U-23 NPB選抜 選手コメント

#7 根尾 昂 投手(中日 先発)
すごく緊張しました。三人で終われて良かったです。藤原選手がヒットで出塁し、先制のホームを踏んでくれて嬉しいです。
#16 達 孝太 投手(日本ハム 2回表 登板)
調子は良くなかったですけど、しっかり踏ん張れたのは良かったです。栗山監督にはボールは悪くなかったと声をかけていただきました。栗山監督にドラフトで指名していただき、こういう舞台で一緒に野球が出来て嬉しかったです。
#20 森木 大智 投手(阪神 3回表 登板)
真っ直ぐで上手く打者を翻弄できたと思います。ヒットは打たれましたが、真っ直ぐで押す投球ができました。このような舞台に選んでいただき光栄です。
#2 C.スチュワート・ジュニア 投手(ソフトバンク 4回表 登板)
先頭打者に対しては緊張しましたが、二人目からは落ち着いて投げることが出来ました。三振も取れて良かったです。楽しかったです!
#018 木下 幹也 投手(読売 5回表 登板)
緊張しましたが腕を振って投げられました。不利なカウントになっても変化球でカウントを整え、真っ直ぐで勝負できました。周りはすごい選手たちばかりですが、楽しめました。
#71 赤羽 由紘 選手(ヤクルト 6回裏 ホームラン)
打ったのは真っ直ぐです。こういう機会は中々経験できるものではないですし、代わりの選手としての出場でしたが、一軍の試合をイメージして集中して打席に入ることが出来ました。
#30 小峯 新陸 投手(楽天 7回表 登板)
神宮球場は初めてで緊張しました。力みましたが、0に抑えられてチ―ムに貢献できたと思います。一軍とは違う緊張感もありましたし、他球団の選手とも交流ができ、いい経験になりました。
#24 黒川 史陽 選手(楽天 4安打2打点)
プロアマ記念試合という舞台で目立とうとしてプレーしたのがいい結果に繋がりました。相手の大学・社会人選抜チームには高校時代対戦した先輩などもいたりして、とてもいい時間になっています。

大学・社会人選抜 選手コメント

#18 青山 美夏人 投手(亜細亜大 先発)
試合は楽しむことが出来ました。いつもよりストレートを多めに投げましたが、プロ相手にも通用したと思います。一方で変化球は打たれたので、まだまだです。中々ない機会で良い経験が出来ました。
#27 丸山 竜治 選手(Honda熊本 捕手)
打席ではNPB根尾、森木投手と対戦しましたが、特にベース版上での球がとても速かったです。社会人でも150kmを超える投手は多くないので、とてもいい経験が出来ました。捕手としては2投手をリードしましたが、打たれてもいいのでまっすぐで押していこうと思っていました。欲を言えばゼロで抑えたかったです。試合はめちゃくちゃ楽しかったです。
#14 佐藤 廉 投手(ヤマハ 3回裏 登板)
さすがプロの打者という印象でした。特に2点タイムリーを打たれた楽天の黒川選手は、3-1からのストレートを完璧に捉えられました。2イニング目はとにかく腕を振ることを考えて投げました。
#10 大西 蓮 選手(JR東日本東北 指名打者)
プロの投手は球威が違いましたが、試合は楽しむことが出来ました。この経験を糧に来年のドラフトに向けて頑張ろうと思いました。

2022年08月01日23時59分 更新

データ提供NPB-BIS